共創未来ファーマについて

安定供給体制・リスクマネジメント体制

流通経路

販売会社、卸業者

納品体制

指定納期に配送する体制を確保

適正在庫の確保

【社内在庫・流通在庫】:平均3ヶ月以上確保する

注文先

流通経路に準ずる

安定供給体制の確保

【安定供給マニュアルの有無】:有
ジェネリック医薬品の安定供給を確保するにあたり、安定供給に関連する社内各機能の相互緊密な連絡調整が図れる体制を確立するため、「安定供給管理責任者」、「安定供給責任者」、「在庫管理担当者」を定めている。

安定供給に必要な生産体制の確保

【製品、原料、資材の在庫管理の責任者及び担当者の有無と把握状況】:有
「在庫管理担当者」が生産実績、販売実績及び在庫数量等の状況を把握し、必要に応じて、生産計画・購買計画の見直し等を要請する。

【限界在庫量、安定供給警戒レベルの設定の有無】:有
原則として社内在庫と流通在庫を合わせて、平均3ヶ月以上を確保しており、このレベルを下回らないように管理している。

【原薬製造所の管理体制】
原薬製造所と品質取り決めを行うとともに、定期的な監査により原薬製造所での管理体制を確認している。

品切れ発生時の対応

【品切れ発生時の手順の有無】:有
・代替品等を含めた品切れに関する情報を迅速に医療機関に提供するよう取引先に指示する。
・代替品の市場への供給等に関し、同一含有量規格品を製造販売する他社に連絡し協力要請をする。その際、医療機関への案内開始時期、供給停止期間、販売実績等の情報を提供する。
・後発医薬品で代替がまかなえない場合は、先発医薬品の製造販売業者にも協力要請する。
・厚生労働省医政局経済課に報告する。
・品切れが生じた原因を究明し、再発防止の措置を取る。

回収実績

なし

販売中止

医療機関への供給停止案内は、日本医師会疑義解釈委員会了承後に行うとともに、在庫消尽までに余裕の期間を持つ。

ページトップへ戻る